交通アクセス
お問い合わせ

メニュー

スポーツ整形のご案内

部長コメント

 当院ではスポーツ障害・外傷を専門とする医師として、肩関節は常勤医師が担当し、膝関節・下肢は大阪大学整形外科スポーツクリニックより非常勤医師を招聘し、スポーツ障害の診療に当たっています。

 専門的知識に基づいた診察ののち、院内で超音波検査、CT検査、MRI検査が可能であり、迅速な専門的診断が可能となっています。

外科的治療が必要とされる場合、膝関節では靭帯再建術、半月板を温存する縫合術、近年の進歩が著しい軟骨再生手術など、関節機能の再建と温存を最大限目指した手術をしており、スポーツ復帰は当然ですが生涯スポーツも視野にいれた治療を心がけています。特に前十字靭帯断裂では、最新の手術法である解剖学的三重束再建術や解剖学的長方形骨孔再建術を行っております。肩関節ではスポーツ外傷でよく見られる脱臼に対しての手術を行なっており、こちらも関節構造を最大限元通りに戻す事を目指した治療を行います。いずれも関節鏡という内視鏡を用いた手術であり、最小侵襲での治療が可能です。そのほか、スポーツによる骨折や足関節の障害についても、可及的早期のスポーツ復帰を念頭において専門的診療を行っています。多くの場合手術後のリハビリは必須であるため、退院後の通院リハビリを提供し、怪我を繰り返さない身体作りを目指しております。

 当院は大阪大学整形外科のスポーツクリニックの関連病院として、グループ内で緊密な連携を取っており、診断・治療に難渋する症例についても最大限対応させて頂きます。さらに、同グループの定期的なミーティングで最新の医学的知識を共有するとともに、学会・論文発表も精力的に行なっており、各医員が常にup-to-dateを保ち、北河内のスポーツ障害診療の拠点病院として邁進する所存です。

 

 

 

疾患と治療

前十字靭帯断裂 ― 靭帯再建術(関節鏡下靭帯断裂形成術)

半月板断裂 ― 関節鏡下半月板縫合術・切除術

軟骨損傷・離断性骨軟骨炎 ― 関節鏡下骨穿孔術・骨軟骨柱移植術・自家培養軟骨移植術

(反復性)膝蓋骨脱臼 ― 靭帯修復術・再建術(靭帯断裂形成手術)

反復性肩関節脱臼 ― 関節鏡下肩関節唇形成術

肩腱板断裂 ― 関節鏡下肩腱板断裂手術

足関節前方インピンジメント症候群 ― 関節鏡下骨棘切除術・滑膜切除術

肘関節ねずみ ― 関節鏡下遊離体摘出術・骨棘切除術

疲労骨折

 

 

実績

手術実績

手術実績 2015年 2016年 2017年
上肢観血手術(抜釘含む) 146 155 173
下肢観血手術(抜釘含む) 128 107 122
股人工骨頭挿入術 15 20 25
脊椎手術 58 47 45
膝鏡視下手術 161 121 128
人工膝関節 40 39 36
その他 7 3 5

医師紹介

米田 憲司

役職 非常勤医師
専門領域 スポーツ障害(膝・足関節)
認定 日本整形外科学会 専門医
日本体育協会公認スポーツドクター

松尾 知彦

役職 非常勤医師
専門領域 スポーツ障害
認定 大阪大学 医学博士
日本整形外科学会 専門医
home
/
診療科目
/
スポーツ整形