交通アクセス
お問い合わせ

メニュー

スポーツ整形のご案内

部長コメント

 当院にはスポーツ障害・外傷を専門とする医師を3人擁立しており、その頻発部位である膝関節のほか、新たに肩関節部門も加わり、大阪市に隣接した北河内エリアでは他に類を見ない充実した体制のもと、スポーツ障害の診療に当たっています。

 当科では専門的知識に基づいた診察ののち、院内で超音波検査、CT検査、MRI検査が可能であり、迅速な専門的診断が可能となっています。診断の結果、手術が不要と判断される障害では、ストレッチ・筋力トレーニング・コンディショニングなどのアスレティックリハビリテーションをリハビリ部門と協力して行います。外科的治療が必要とされる場合でも、膝関節では靭帯再建術、半月板を温存する縫合術、近年の進歩が著しい軟骨再生手術など、関節機能の再建と温存を最大限目指した手術をしており、スポーツ復帰は当然ですが生涯スポーツも視野にいれた治療を心がけています。特に前十字靭帯断裂では、最新の手術法である解剖学的三重束再建術や解剖学的長方形骨孔再建術を行っております。肩関節ではスポーツ外傷でよく見られる脱臼や投球障害に対しての手術を行なっており、こちらも関節構造を最大限元通りに戻す事を目指した治療を行います。いずれも関節鏡という内視鏡を用いた手術であり、最小侵襲での治療が可能です。そのほか、スポーツによる骨折や足関節の障害についても、可及的早期のスポーツ復帰を念頭において専門的診療を行っています。手術を行なった場合でも、多くの場合手術後のリハビリは必須であるため、退院後の通院リハビリを提供し、怪我を繰り返さない身体作りを目指しております。当科で治療を受けスポーツ復帰された方は、部活動やサークル活動などで受傷した学生から中高年のスポーツ愛好家はもちろんのこと、プロスポーツやナショナルチームにも帯同しているため、トップレベルアスリートもおられます。皆様の復帰とその後の活躍にスタッフ一同手応えとやり甲斐を感じながら、日々のスポーツ診療に当たっております。

 当院は大阪大学整形外科のスポーツクリニックの関連病院として、グループ内で緊密な連携を取っており、診断・治療に難渋する症例についても最大限対応させて頂きます。さらに、同グループの定期的なミーティングで最新の医学的知識を共有するとともに、学会・論文発表も精力的に行なっており、各医員が常にup-to-dateを保ち、北河内のスポーツ障害診療の拠点病院として邁進する所存です。

 

 

 

疾患と治療

前十字靭帯断裂 ― 靭帯再建術(関節鏡下靭帯断裂形成術)

半月板断裂 ― 関節鏡下半月板縫合術・切除術

軟骨損傷・離断性骨軟骨炎 ― 関節鏡下骨穿孔術・骨軟骨柱移植術・自家培養軟骨移植術

(治験実施病院)

(反復性)膝蓋骨脱臼 ― 靭帯修復術・再建術(靭帯断裂形成手術)

反復性肩関節脱臼 ― 関節鏡下肩関節唇形成術

投球障害肩(SLAP損傷・Bennett損傷) ― 関節鏡下関節唇形成術・骨棘切除術など

肩腱板断裂 ― 関節鏡下肩腱板断裂手術

足関節前方インピンジメント症候群 ― 関節鏡下骨棘切除術・滑膜切除術

肘関節ねずみ ― 関節鏡下遊離体摘出術・骨棘切除術

疲労骨折

 

 

 

外来診察担当表

※スポーツ整形専門医が担当していない曜日でも平日夜診帯は整形外科医が常駐しておりますので、特に急な外傷等の救急疾患に対しても、適切な応急処置や必要な検査を当番医にて実施した上で、後日改めてスポーツ整形外科または手の外科専門医による治療を進めて参ります。

 

 

 

スポーツ整形夜診のご案内

 2018年7月より、スポーツ障害・外傷に特化した予約制専門外来を開設しました。日頃よりスポーツ障害の診療にご尽力頂いている開業医・柔道整復師の先生方からのご紹介のみならず、急なスポーツ外傷を受傷されたり、慢性的なスポーツ障害に悩んでおられる患者さんからの直接のご予約も承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

※医療機関からのご予約の場合、同時にMRIのご予約も承ることができます。

※患者さんからの直接のご予約の場合、お電話で簡単な問診を取らせて頂きます。スポーツ障害・外傷ではないと判断される場合は、ご予約をお取りできないこともあることをあらかじめご了承下さい。

 

  

 

実績

手術実績

手術実績 2015年 2016年 2017年
上肢観血手術(抜釘含む) 146 155 173
下肢観血手術(抜釘含む) 128 107 122
股人工骨頭挿入術 15 20 25
脊椎手術 58 47 45
膝鏡視下手術 161 121 128
人工膝関節 40 39 36
その他 7 3 5

 

 

学術実績

武靖浩, 前達雄, 吉川秀樹、橘優太、中田研、中川滋人, 山田真一、米田稔. 関節窩骨欠損に対する人工骨on-lay設置の基礎的研究:組織学的評価. JOSKAS (in press)

武靖浩, 前達雄, 史野根生, 橘優太, 井内良, 中川滋人, 中田研,  吉川秀樹. 解剖学的三重束ACL再建術における再建靱帯の三次元的走行. JOSKAS 2016;41巻3号:826-832.

松尾知彦、前達雄、史野根生、北圭介、冨田哲也、吉川秀樹、中田研. 解剖学的三重束ACL再建術前後における膝関節動態解析. 臨床バイオメカニクス 2013; 34: 265–271.

松尾知彦、前達雄、北圭介、吉川秀樹、中田研. 解剖学的ACL再建術における脛骨骨孔人工骨補填の効果. 中部整災誌 2012; 55: 6: 1399-1400.

松尾知彦、前達雄、史野根生、北圭介、井内良、菅本一臣、吉川秀樹、中田研. 解剖学的ACL再建術前後における大腿骨―脛骨の位置関係の変化. 臨床バイオメカニクス 2012; 33: 1-6.

松尾知彦、前達雄、史野根生、北圭介、黒田早苗、菅本一臣、吉川秀樹、中田研. 解剖学的ACL再建術前後における大腿骨―脛骨の位置関係. JOSKAS誌 2012; 37: 1: 50-51.

武靖浩, 米田稔. Orthovisual 肩関節鏡診断と治療. Arthritis-運動器疾患と炎症- 2006;4巻2号:74-79

武靖浩, 米田稔, 前達雄, 水野直子, 中川滋人, 林田賢治. 鏡視下Bankart法後の不安定症再発例における、Bankart修復部の再鏡視所見の検討. 関節鏡 2006;31巻3号:193-198.

武靖浩, 米田稔, 山田真一. 中関節上腕靱帯の上腕骨頭付着部断裂を認めた投球障害肩の1例. 関節鏡 2005;30巻2号:227-231.

米田憲司、中田研、田川泰弘、山田裕三、中村憲正、鳥塚之嘉、史野根生. 乳酸リンゲル灌流液の関節鏡手術後の疼痛に対する有用性. 膝 2004; 29(2):57-59.

米田憲司、中田 研、堀部秀二、史野根生. 軟骨損傷に対するRF加熱軟骨形成. 臨床スポーツ医学2005; 22(5): 509 -512.

 

Take Y, Shino K, Mae T, Tachibana Y, Iuchi R, Nakagawa S, Nakata K. Early Structural Results after Anatomic Triple Bundle Anterior Cruciate Ligament Reconstruction Validated by Tunnel Location, Graft Orientation and Static Antero-Posterior Tibia-Femur Relationship. Arthroscopy. (in press)

Matsuo T, Kinugasa K, Sakata K, Ohori T, Mae T, Hamada M. Postoperative Deformation and Extrusion of the Discoid Lateral Meniscus Following a Partial Meniscectomy with Repair. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc 2017; 25: 390-396.

Take Y, Mae T, Nakata K, Nakagawa S, Tachibana Y, Shino K. Excursion of bone-patella tendon-bone grafts during the flexion–extension movement in anterior cruciate ligament reconstruction: Comparison between isometric and anatomic reconstruction techniques. Asia Pac J Sports Med Arthrosc Rehabil Technol. 2015;2(3):85-89.

Matsuo T, Kita K, Mae T, Yonetani Y, Miyamoto S, Yoshikawa H, Nakata K. Bone Substitutes and Implantation Depths for Subchondral Bone Repair in Osteochondral Defects of Porcine Knee Joints. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc 2015; 23: 1401-1409.

Matsuo T, Mae T, Shino K, Kita K, Tachibana Y, Sugamoto K, Yoshikawa H, Nakata K. Tibiofemoral Relationship Following Anatomic Triple-Bundle Anterior Cruciate Ligament Reconstruction. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc 2014; 22: 2128-2135

Take Y, Nakata K, Hashimoto J, Tsuboi H, Nishimoto N, Ochi T, Yoshikawa H. Specifically modified osteopontin in rheumatoid arthritis fibroblast-like synoviocytes supports interaction with B cells and enhances production of interleukin-6. Arthritis Rheum. 2009;60(12):3591-601.

Take Y, Yoneda M, Hayashida K, Nakagawa S, Mizuno N. Enlargement of drill holes after use of a biodegradable suture anchor: quantitative study on consecutive postoperative radiographs. Arthroscopy. 2008;24(3):251-7.

 

外来担当医表休診・代診のお知らせはこちら

スポーツ整形
 
午前 - 武 靖浩
(肩・膝)
松尾 知彦
(下肢)
武 靖浩
(肩・膝)
- 松尾 知彦
(下肢)
午後(予約制) - 武 靖浩
(肩・膝)
- - - -
夜診(予約制:17:30~19:30 武/松尾
交代制
宮本 直
(手の外科)
松尾 知彦
(下肢)
林 淳一朗
(手の外科)
武 靖浩
(肩・膝)
-

医師紹介

武 靖浩

役職 スポーツ整形外科部長
専門領域 スポーツ障害(膝・肩関節)
認定 大阪大学 スポーツ医学教室 前助教
大阪大学 医学博士
日本整形外科学会 専門医
日本整形外科学会 認定スポーツ医
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 関節鏡技術認定医

松尾 知彦

役職 整形外科医師
専門領域 スポーツ障害
認定 大阪大学 医学博士
日本整形外科学会 専門医

米田 憲司

役職 非常勤医師
専門領域 スポーツ障害(膝・足関節)
認定 日本整形外科学会 専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
home
/
診療科目
/
スポーツ整形