交通アクセス
お問い合わせ

メニュー

薬剤部について
採用情報
薬局長 安原香織

薬局長 安原香織

 当院の薬剤科は常勤8名、非常勤3名の薬剤師がその専門性をいかして他の医療スタッフと連携しながら色々な業務を行なっています。

 医薬品の管理、入院患者の調剤、抗癌剤の混注などの基本的な業務に加えて病棟担当薬剤師として患者さんの持参薬を鑑別したりベットサイドに行き、薬についての効果や副作用などを確認しながら、様々な観点から患者さんのサポートを行なっています。

 また病棟などで医師や看護師からの質問や相談に対応したりICTやNSTなどのチーム医療にも参加しています。医療の変化や環境などのニーズに対応し質の高いサービスを提供できるように患者さんそして他職種のスタッフからも親しまれ、信頼される薬剤科を目指していきたいと思っています。

薬局の魅力

魅力1

 大きな病院では一つの業務のみを行うことが多いかと思いますが、当院では一人の患者さんに対して注射、内服、服薬指導、退院まで全ての経過を担当薬剤師がみることができます。持参薬から入院前の既往、また患者さんと直接話をして得る情報もたくさんあります。また電子カルテのため、なぜその患者さんにこの薬が投与されるのか、現在の患者さんの状態はどうなのかカルテで確認することもできます。多くの業務を行うことは大変な時もありますがたくさんの知識や経験が得られるかと思います。

魅力1

  チーム医療が充実している当院で,薬剤師が果たす役割は、医師や看護師、他のコメディカルスタッフと協力し、より安全で効果的な薬物療法を患者さんへ提供することです。

 病棟では医師や看護師と患者さんの状態や治療方針を相談し、治療に貢献しています。また、病棟以外でもがん化学療法、栄養サポート、感染制御、医療安全など様々なチームに薬剤師が参画しており、薬剤部全体でチーム医療に取り組んでおり、薬のプロとして病院の中の様々な場面で活躍しています。

home
/
薬剤部