交通アクセス
お問い合わせ

メニュー

放射線科のご案内

部長コメント

当科は、放射線科医師2名、技師9名、看護師3名(外来より当番制)、事務員1名の計15名の協力体制のもと医療を提供していきます。当院で行っている検査は、X線一般撮影、CT、MRI、マンモグラフィー、骨塩定量測定検査ならびに消化管造影検査、血管造影検査などです。

これらの検査は、院内だけでなく地域連携室を窓口に、院外の医療機関の先生方からの検査依頼も受けております。また撮影した撮影した画像を読影し、出来るだけ早急に画像診断結果を伝え、依頼医の診療を支援するように努めております。

IVR治療として、肝細胞癌、転移性肝癌に対してTAE(動脈塞栓術)を中心に、抗癌剤動注療法、肝動注リザーバー留置術なども行っております。また、肺癌に対しては、気管支動脈からの抗癌剤動注療法なども行っております。

今後ともCT、MRIなど進歩が著しい撮影技術をいかに有効利用していくか医師、技師、看護師、事務員と一丸となって取り組んでいきたいと思います。

実績

放射線科検査実績

内容 2014年 2015年 2016年
一般X線造影 25,827 24,576 24,074
マンモグラフィー 315 428 444
CT検査 12,838 9,837 12,104
MRI検査 3,731 3,194 3,557
腹部、その他血管造影 369 455 436
シャントPTA 333 433 442

 

腹部血管造影実績

内容 2014年 2015年 2016年
診断目的 6 4 6
TAE(動脈塞栓術) 70 50 31
CVポート留置 202 160 115
総数 278 214 152

医師紹介

椿本 光男

役職 放射線科部長
専門領域 腹部血管造影
各種画像診断
認定 放射線科専門医
home
/
診療科目
/
放射線科