交通アクセス
お問い合わせ

メニュー

皮膚科のご案内

部長コメント

 当院で約10年間皮膚科診療させて頂いております。
 アトピー性皮膚炎や真菌感染症、ウイルス性皮膚疾患、ざ瘡、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、疣贅など一般的な皮膚疾患はもちろん、難治性皮膚潰瘍、褥瘡、熱傷、皮膚腫瘍などは形成外科の先生方に御高診頂きながら手術を含めた治療も可能です。
 皮膚は内臓の鏡といわれ、例えば糖尿病や心疾患、腎不全の患者は様々な皮膚疾患を合併しますし、皮膚疾患から他病変を推察することもできます。
 当科は総合病院の皮膚科として他科と連携して迅速に診断や治療ができることが特長だと思っております。
 皮膚疾患に関しては何でも相談して頂いて結構ですので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

診察項目

保険適応治療

▼湿疹・皮膚炎群(アトピー性皮膚炎接触性皮膚炎、薬疹)
アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、薬疹など重症例に対しては、積極的にステロイドを使用し、うまく漸減していくことにより早期軽快させます。同時に皮膚科専門医ならではのステロイドその他の外用剤の正しい使用法、漸減の仕方、日常のスキンケア方法など昨今のマスコミ報道や専門医以外の治療、民間療法に惑わされない治療について指導を行っています。


▼難治性皮膚疾患
尋常性乾癬、慢性蕁麻疹、掌蹠膿胞症等の治療


▼皮膚腫瘍
最近、オゾン層の破壊により日本でも皮膚癌が急増しております。一見良性にみえる腫瘍でも組織をみてみると悪性ということも多々あります。当科では積極的に皮膚生検を行い、組織上悪性のものや良性でも大きな腫瘍に関しては外科医や形成外科医と協力して拡大切除を行っています。もちろん、アテロームや小さな悪性良性腫瘍も外来日帰り手術を行っています。


▼足爪白癬
まずは、真菌検鏡検査を行い、確定診断してから治療をします。爪白癬に関しては、最近イトリゾールパルス療法が保険認可され、短期で治療できる症例が多くなりました。ご相談ください。


▼レーザー治療
当院では、アレキサンドライザーというレーザーを設置しています。太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着症に保険適応がありますが、いわゆるシミにも非常によく効きます。ご相談ください。

保険適応外治療

▼ケミカルピーリング
繰り返すにきびに非常に有効です。酸でにきびの部分をいわゆる科学熱傷させ、皮膚の再生で治す方法です。


▼男性型脱毛症
最近、テレビや雑誌でも宣伝されていますが、男性型脱毛症治療内服薬が認可されました。当科でも保険診療外にて採用しています。ご相談ください。


▼レーザー治療
老人性色素斑(いわゆるシミ)

 

疾患と治療

■陥入爪・巻き爪

外来担当医表休診・代診のお知らせはこちら

皮膚科
 
午前 池田 大助 - - 池田 大助 - 池田 大助
午後 池田 大助
14:30~16:30
池田 大助
14:30~16:30
- 池田 大助
14:30~16:30
- -

医師紹介

池田 大助

役職 皮膚科部長
専門領域 皮膚悪性腫瘍
皮膚科一般
認定 日本皮膚科学会認定専門医
home
/
診療科目
/
皮膚科