交通アクセス
お問い合わせ

メニュー

耳鼻咽喉科のご案内

部長コメント

 耳鼻咽喉科はめまい・難聴・鼻づまり・のどいた・首のしこりなど日頃よくある症状を扱う診療科です。そのため、自然と患者数が多くなります。一般に耳鼻咽喉科の患者さんはたくさんいても、症状は軽症と考えている方が多いのではないでしょうか。ところが、患者さんの中には高度な検査が必要となることもあれば、あるいは時に重症化し入院が必要となることもあります。


 一方、守口市には耳鼻咽喉科を有する基幹病院は関西医科大学医療センターと松下記念病院と敬仁会病院しかありません。どの病院も患者さんのニーズをかなえるべく可能な限りの努力がなされております。また、病院間の連携も頻繁になされています。それにもかかわらず、患者さんの希望に沿って耳鼻咽喉科診察ができているわけでありません。そこで、少しでも患者さんの要望にこたえるために、当院耳鼻咽喉科では以下の様な診察加療を行い、地域医療に関わっております。

 

①救急疾患 動くことができないめまいや高熱・嚥下困難を伴う炎症性疾患は耳鼻咽喉科や救急科を通じて迅速に対応致します。
②頭頸部外科 良性疾患で手術対応があるものはできるだけ対応します。
③睡眠時無呼吸症候群

最近では簡易モニターで簡単に対処されることもありますが、やはり終夜睡眠時ポリグラフ検査が必須です。問題となる患者がございましたらご紹介下さい。

その結果、睡眠時無呼吸が高度な場合早急にCPAP療法を導入致します。

 

近隣皆様に信用して頂けるよう誠心誠意頑張りますので何卒よろしくお願い致します。

 

診察項目

■ 鼻 … 急性(慢性)副鼻腔炎、鼻アレルギー
■ 耳 … 炎症疾患(外耳炎、中耳炎等)、突発性難聴、顔面神経麻痺、めまい症等
■ 咽喉頭 … 炎症疾患、いびき・睡眠時無呼吸症候群

 

疾患と治療

■いびき・睡眠時無呼吸症候群

実績

2019年

耳鼻咽喉科(入院:手術、点滴、検査、高圧酸素など) 56例
耳鼻咽喉科手術 124例
高圧酸素療法(救急:1回2時間) 263例
睡眠検査 79例
  終夜睡眠ポリグラフ検査 16例
  薬物睡眠検査 16例
  簡易睡眠検査 63例
頚部エコー 183例
吸引細胞診(甲状腺、顎下腺、耳下腺、リンパ節) 92例
耳鼻咽喉科ファイバー検査 606例
聴力検査等聴覚機能検査 969例
平衡機能検査(CCDカメラ) 500例

 

外来担当医表休診・代診のお知らせはこちら

耳鼻咽喉科
 
午前診 藤原 裕樹 藤原 裕樹 藤原 裕樹 藤原 裕樹
予約制
寺田 哲也
初診は11:00まで
藤原 裕樹
午後診 藤原 裕樹
14:00~16:00
藤原 裕樹
予約制
(手術・検査)
藤原 裕樹
14:00~16:00
藤原 裕樹
予約制
(手術・検査)
- -

医師紹介

藤原 裕樹

役職 耳鼻咽喉科部長
専門領域 睡眠時無呼吸症候群・耳鼻一般
認定 医学博士
日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本耳鼻咽喉科学会専門研修指導医

寺田 哲也

役職 非常勤医師
専門領域 耳鼻科一般
home
/
診療科目
/
耳鼻咽喉科