交通アクセス
お問い合わせ

メニュー

腎・前立腺ロボット手術センターのご案内

腎・前立腺ロボット手術センター

守口敬仁会病院 腎・前立腺ロボット手術センターでは最新の手術支援ロボットda Vinci Xi を導入しております。

 大阪医科薬科大学 泌尿器科学教室と連携し、最新の術式を取り入れ、安全かつ正確な手術を提供させて頂いております。

 

da Vinci(ダ・ヴィンチ)Xi サージカルシステムは、腹腔鏡手術を支援する内視鏡下手術支援ロボットです。da Vinciを用いることで高画質・立体的な視野を得ることができ、人間の手以上の複雑で繊細な手術が可能です。「ロボット手術」と聞くと、ロボットが自動的に手術を行うイメージがあるかもしれませんが、そうではありません。あくまで術者の精密な手の動きを再現しつつ、体への負担を少なくした手術です。操作する医師は認定資格を取得し、トレーニングを積んでいます。医師がロボットを活用し、より精緻に行なう手術を行います。

 

 

  • ①術野がリアルな3D画像表示
  • ②人間の手より精緻なミリ単位の操作が可能
  • ③人間の手の動きを再現し同等以上の操作性が実現

 

 

前立腺全摘術

da Vinciを利用して前立腺を摘除する腹腔鏡手術です。

da Vinciを用いることによって以前の腹腔鏡手術に比べて膀胱尿道吻合が繊細に行えます。

前立腺を摘除した後、膀胱と尿道をつなげますが、鉗子の先に手首があるため、骨盤の奥深い所でも細かい鉗子操作が可能となり吻合が確実に行えます。

また内視鏡や鉗子を挿入するため、5-12mmの傷で済みます。

(手術によっては摘出臓器を取り出すために傷を延長する必要があります)

 

腎部分切除術

腎癌に対する治療はどんな場合でも腎臓摘除が標準治療とされていました。しかし、何らかの理由で腎臓が一つしかない場合に腫瘍を部分的に切除する“部分切除”においても再発リスクは全摘の場合と変らないことが証明され、現在ではできる限り腎臓を温存する腎部分切除が主流になっています。術前にCTを用いて3D画像を構築して、さらに、術中高感度超音波診断といった最新の画像診断技術を駆使して、腫瘍の存在部位と血管支配を詳細に把握し、安全、かつ、的確な腫瘍切除を実現しています。

 

 

担当医師

南 幸一郎

2011年 大阪医科薬科大学 泌尿器科入局

2015年 岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科 国内留学

2016年 Brigham and Women's Hospital, Harvard Medical School(ハーバード大学) 海外留学

2018年 大阪医科薬科大学三島南病院 泌尿器科部長 血液浄化センター長

2020年 野崎德州会病院 泌尿器科部長

2022年 大阪医科薬科大学 泌尿生殖・発達医学講座 泌尿器科学教室 助教

資格

日本泌尿器学会専門医・指導医

ダヴィンチサージカルシステム認定医

身体障害者福祉法指定医(ぼうこう直腸機能障害)

難病指定医

所属学会

日本泌尿器学会、日本移植学会、

日本泌尿器内視鏡学会、

日本癌治療学会、日本癌学会

 

外来担当医表休診・代診のお知らせはこちら

腎・前立腺ロボット手術センター
 
午前診 - - - - - 南 幸一郎
予約制

医師紹介

南 幸一郎

役職 非常勤医師
(大阪医科薬科大学 泌尿生殖・発達医学講座 泌尿器科学教室 助教)
専門領域 泌尿器
認定 日本泌尿器学会専門医・指導医
ダヴィンチサージカルシステム認定医
身体障害者福祉法指定医(ぼうこう直腸機能障害)
難病指定医
home
/
診療科目
/
腎・前立腺ロボット手術センター