交通アクセス
お問い合わせ

メニュー

鼠径ヘルニアについて

鼠径ヘルニアの治療法について

1.保存的療法

以前は保存的療法として、ヘルニアバンド(脱腸帯)が用いられたことがありますが、現在はほとんど用いられません。これを使用することによってヘルニアの袋と腸が癒着して手術が困難になることがあります。現在は大きな余病をもっておられて、手術が出来ない場合に限って使用します。

2.手術

通常はヘルニアと診断されれば、手術が必要となります。手術の方法は自分の筋肉や腱膜を縫い縮めて穴をふさぐ手術方法と、人口の網(メッシュ)を用いて穴をふさぐ手術方法があります。いずれの方法が良いかはまだ十分な検討がなされていませんが、各々一長一短があります。各々の詳しいことは後で述べます。

ページの先頭へ戻る

鼠径部の働きについて

鼠径部とは足の付け根の部位をさします。この部位は男性では精子をこう丸で作ってそれを送る管とこう丸をぶらさげている筋肉がお腹の壁を突き抜けて入っていきます。お腹の筋肉が弱くなったり、お腹に強い力をかけた時にその管の脇にすきまが出来ます。このすきまから腸が飛び出してくる病気がヘルニアです。俗に脱腸と呼ばれるのはこのことを示したものです。

ページの先頭へ戻る

ヘルニアの手術について

1.手術前の検査について

手術は通常は腰椎麻酔にて行ないますが、両側のヘルニアの場合には手術に時間がかかるので硬膜外麻酔または全身麻酔での手術が必要となりますので、外来にて心電図、胸部・腹部レントゲン、血液検査をします。この検査で異常があればさらにくわしい検査が必要になることがあります。

2.なぜ手術が必要ですか?

鼠径ヘルニアは放置しても自然に治ることはありません。子供の場合には放置して自然に治ることがありますが、大人ではありませんので手術が必要になります。また、放置すればヘルニアはどんどん大きくなってきます。さらに、ヘルニアの袋に入り込んだ腸が腐ってしまい、手遅れになると腸を切除する必要があり、場合により命にかかわることになります。このような理由でできるだけ早く手術をすることをお奨めします。

3.手術方法について

手術方法は年齢、仕事の内容、ヘルニアの大きさ、体力により手術方法が異なります。手術方法は従来から行なわれていた自分の組織を縫い縮める方法と、最近、多く行なわれるようになった人工の網を入れる方法があります。

従来のヘルニア根治手術
数年前まではほとんどがこの方法で手術がされていました。ヘルニアの袋を切除して、穴の開いているところを、周囲の筋肉や膜で縫い縮める方法です。自分の組織で修復するのでメッシュ法のように異物は使いませんが、術後2-3ヶ月は重たいものを持ったり、お腹に力を入れると縫い合わせの糸や組織が切れてヘルニアが再発することがあります。また、糸で縫い寄せてあるために、傷口がいつまでもつっぱる感じが続くことがあります。
メッシュによるヘルニア修復手術
人工の網(メッシュ)を用いてヘルニアを修復する手術法です。最近では当院でヘルニアの手術を受けられる方の6-7割がこの方法で手術を受けておられます。このメッシュはポリプロピレンという材質でできています。メッシュは2つの部分からなっており、一つはヘルニアの穴に栓をする部分と、この栓が抜けないようにするフタの役割をする部分からできています。(写真)
手術はヘルニアの袋を切除して、ヘルニアの穴にメッシュの栓をし、さらにその上にメッシュのフタをする方法です。この手術では自分の筋肉や膜を縫い縮めることがないので、術後につっぱった感じが少なく、手術後3-4週間で重い物を持ったり、お腹に力を入れることが出来ますので、仕事上早く職場復帰を希望される方にはこの手術方法をおすすめします。ただし、このメッシュが身体に合わなかったり、感染を起こしたりすることが稀に(1000 人に1人の割合)起こります。このような場合には再度手術してこのメッシュを摘出する必要があります。また、人により傷の部分に板が入ったような感じを一時的に訴えられることがあります。
腹腔鏡によるヘルニア修復手術
何度もヘルニアの手術を受けて再発を繰り返している場合に用いられる方法の一つです。お腹の中に内視鏡を入れてお腹の内側から人工のメッシュで穴を塞ぐ手術方法です。一般には全身麻酔が必要となります。通常のヘルニアに対してはあまり一般的な手術法ではありません。この手術を希望される方は医師にご相談下さい。

4.手術は安全か

一般的には、腸を切ったりすることがないので簡単に手術は済みます。しかし、手術の合併症3や副作用には以下のようなことが起こる可能性が稀ですがあります。

出血
手術終了時には完全に出血がないことを確認して手術を終わりますが、まれに再度出血が始まり開腹手術による止血が必要となることがあります。
創感染
手術創に感染をおこすと、傷が治るまで少し時間がかかることがあります。
創痛
手術後に創部の痛みが続くことがありますが、ほとんどは時間とともに治ります。
陰嚢水腫・血腫
手術でヘルニアの袋を取ったあとに、水や血液が貯まることがあります。ほとんどは外来通院にて経過観察で無くなりますが、稀に注射器で水や血液を何回か吸い取ることが必要となる場合があります。
薬剤アレルギー・ショック
手術・麻酔の際にはたくさんのくすりを使いますが、人によりアレルギーやショックを起こすことがあります。そのために抗生物質などはテストをしますがこれでも完全に予防することは出来ません。
メッシュの感染(メッシュ使用時)
メッシュを使用した場合にはこのメッシュが身体に合わなかったり、感染を起こしたりすることが稀に(1000 人に1人の割合)起こります。このような場合には再度手術してこのメッシュを摘出することが必要となる場合があります。
腰椎麻酔後頭痛
腰椎麻酔後に動きすぎたり、きばり過ぎたりすると術後に強い頭痛に悩まされることがあります。この場合通常は7-10日間続きます。術後は必要以上に動き回ることは控えて下さい。
ヘルニア再発・対側発症
ヘルニアの手術後にまたヘルニアになる再発の率は約1%と言われています。いずれの方法でも再発率はほぼ同じです。また、術後に手術した側の反対側にヘルニアがでることがありますが、この場合にはその時に手術をすればよいので、反対側が出るかもしれないからといって予防的な手術は不要です。

5.手術後に後遺症は残らないか

手術後に後遺症が残ることはほとんどありません。体内に残すメッシュも安全性が確立されたものですので安心してください。

6.入院経過について

手術に必要な検査はすべて外来にて済ませてしまいますので、通常は手術前日に入院していただきます。手術後は翌日から動くことも自由に出来ますし、食事も手術翌日から食べることが出来ます。手術後の経過に問題が無ければ手術後3~4日で退院していただき、抜糸は手術後7日目に外来で行ないます。その後の通院は不要です。

7.退院後の通院と生活について

退院後から抜糸まではシャワーや入浴は傷の保護テープを貼って出来ます。仕事は事務職なら手術後7~10日で出来ます。メッシュ法で手術された方で、力仕事をされる方は3~4週間で出来ます。過激な運動も術後3~4週間は控えて下さい。メッシュ法以外では、力仕事をされる方は2~3ヶ4月で出来ます。過激な運動も術後2~3ヶ月は控えて下さい。

8.入院の費用について

平均的に治療費は3割負担の方で約 80000 円~100000 円程度の負担が必要となります。これは平均的に総室に5日間入院した場合ですので、これより入院期間が長くなれば、もう少し負担が増えることがあります。

home
/
治療・検査
/
鼠径ヘルニアについて