交通アクセス
お問い合わせ

メニュー

肩関節の治療について

診察担当

担当医:整形外科副部長 五藤 和樹医師

2019年7月より肩関節疾患の治療にも積極的に取り組んでおります。主に関節鏡下手術を中心に、骨接合術、人工関節置換術(リバース型も含めて)も行っております。

初診 月曜AM,火曜AM
再診 月曜PM,火曜PM

ページの先頭へ戻る

対象疾患

  • 肩腱板断裂
  • 肩関節不安定症
  • いわゆる五十肩(凍結肩)
  • 変形性肩関節症
  • 肩関節周囲骨折

ページの先頭へ戻る

治療

肩腱板断裂

外傷性の断裂、保存療法で効果の乏しい腱板断裂に対しては、手術療法を行っています。関節鏡を用いて、約1㎝程度の傷5~6ヵ所にて行います。

ページの先頭へ戻る

変形性肩関節症・関節リウマチ・腱板断裂性関節症

保存加療の効果が乏しい場合には手術加療を行います。リバース型人工肩関節置換術も導入しています。

ページの先頭へ戻る

肩関節周囲骨折

基本は保存療法を中心に、手術加療が必要な際には、骨折の状態に応じて骨接合術やリバース型人工関節を行います。




ページの先頭へ戻る


home
/
治療・検査
/
肩関節の治療について