交通アクセス
お問い合わせ

メニュー

大腸ポリープについて

概念

大腸の粘膜が腫瘍性に増殖したものです。

ページの先頭へ戻る

頻度

便潜血陽性の場合ではポリープが4~6割程度に見つかると言われます。
高齢(≧50歳)、大腸癌の家族歴、肥満や糖尿病、喫煙や高脂肪食などがリスクと言われております。

ページの先頭へ戻る

大腸ポリープに癌の含まれる率

大腸ポリープは癌が含まれているものがあり、そうでなくても放置した場合、増大・癌化するリスクが高いため、5mm以上のものは切除適応です。

大きさ ~5mm 6~9mm 10~19mm 20~mm
癌の含まれる率 0.6% 7% 24.6% 35.8%

内視鏡によるポリープの切除

ポリープにスネア(金属の輪)をかけて、高周波電流で焼き切ります。

切除後は大腸に小さな潰瘍が残りますが、数日で自然治癒します。まれに切除後に出血することや、また、非常にまれですが、粘膜に熱が加わるため、腸管が裂けることがあります(穿孔)。

切除したポリープは病理検査(顕微鏡検査)で良悪性の判断、 悪性であった場合、治癒切除であったかどうかを判断いたします。ポリープを切除した場合は、その後の大腸癌のリスクは1/2~1/3となると言われております。

ページの先頭へ戻る

home
/
治療・検査
/
大腸ポリープについて