交通アクセス
お問い合わせ

メニュー

経鼻内視鏡について

経鼻内視鏡について

当院では、苦痛の少ない内視鏡検査を目指して極細径経鼻用内視鏡を導入しております。この内視鏡の特徴としては…

  • 5.9mmの極細径であること。
  • 鼻からの挿入が可能で舌根に触れる事がないので吐き気がなく苦痛が少ないこと。
  • 鼻からの挿入で内視鏡検査をしながら会話する事ができコミュニケーションがとり易い事
  • 最新のデジタル信号処理により、細径でも鮮明な画像が得られることが挙げられます。勿論、鼻からの挿入に抵抗がある方は、従来どおり口から挿入しても、苦痛の少ない内視鏡検査ができます。

ご希望の方は、医師・内視鏡センターの方へご相談下さい。

極細径経鼻内視鏡 5.9mm

ページの先頭へ戻る

home
/
治療・検査
/
経鼻内視鏡について