交通アクセス
お問い合わせ

メニュー

乳がんについて

乳がんは、乳房の中にある乳腺にできる癌です。乳腺は、乳汁を作る臓器で、15~20個の腺葉に分かれ、腺葉はさらに多くの木葉に分かれています。そして各々腺葉は乳管で乳頭とつながっています。このうち、最も乳がんが発生しやすい場所が、日本人では乳管です。この乳管の細胞が何らかのきっかけで癌化して増殖し始めると「しこり」になります。このしこりは、放っておくと乳管の中だけでなく、乳管の外に出て、増殖し始め、さらにリンパ管や血管を通って全身へ拡がります。これが、乳がんの転移です。リンパ管を通って最初に転移しやすいところが、わきの下(腋窩)で、血管を通って転移しやすいところが肺・骨・肝などです。

ページの先頭へ戻る

乳がん手術方法の選択

これまでの乳癌の治療は手術が主体で、乳房を全切除し、わきの下のリンパ節を摘除する乳房切除術が一般的に行われてきましたが、近年、比較的早期の乳癌には、乳房部分切除と放射線照射を組み合わせた乳房温存療法が行われるようになりました。すなわち、乳頭を残したまま乳房をしこりを含めて部分的にくり抜き、わきの下のリンパ節も摘出する乳房温存術が現在の乳癌手術で普及しています。さらに、乳房温存術の後、残した乳房に放射線を照射し、再発を防止します。

従来の乳房切除術と比較し、乳房温存療法の治療成績(生存率)は明らかな差はないとされています。ただし、乳房温存療法では、残した乳房内に再発することが稀にあり、その場合は残した乳房を全切除することもあります。しかし、全ての方に乳房温存術が可能ではなく、乳頭直下に大きな腫瘍があり、乳頭が残せない場合や、乳房の広い範囲に腫瘍が存在する場合などは、乳房切除術の適応となることが多いです。また、直径3cm以上の乳癌の場合、手術前に抗癌剤を使い、腫瘍を小さくしてから乳房温存術が可能になることもあります。

いずれにせよ、乳房切除術か乳房温存術を選択せねばなりません。医師の説明を聞かれ、十分納得され、最終的にあなた御自身で決められれば良いと思います。

ページの先頭へ戻る

乳がん手術法

1.乳房切除術

胸筋合併乳房切除術

乳房と大胸筋、小胸筋、わきの下のリンパ節を全部取る手術で、胸の筋肉まで癌が進展している場合に行われましたが、胸部の変形が強く、腕の運動障害も生じやすく、現在はほとんど行われていません。

胸筋温存乳房切除術

乳房とわきの下のリンパ節は取りますが、胸筋を残すため胸部の変形が少なく、腕の運動障害の程度も少なくなります。温存手術を望まれている方や乳房切除術の場合のほとんどがこの手術法になります。

2.乳房温存術

しこりより、約2cm離して正常乳腺を含めて円形に切除し、同時にわきの下のリンパ節も取ります。また、乳腺切除後のへこみを少なくするために、周囲の乳腺を移動させ切り口を寄せ合わせます。さらに円形にくり抜いた乳腺の断面に癌が出ていないか、手術中に病理検査に出し調べ、陽性の場合はさらに追加切除を行います。手術後残した乳腺に25~30回(5~6週)放射線を照射しますが、ほとんど大きな副作用もなく、外来通院で可能です。

ページの先頭へ戻る

手術に伴う合併症

わきの下のリンパ液貯留

手術後手術直後よりわきの下にリンパ液がたまることがよくありますが、4~5日はわきの下に管を入れておき、これを体外に持続的に出すようにしていますが、管を抜いた後もわきの下にリンパ液がたまることがあります。数回ほど針で液を抜くことにより通常は2~3週で治ります。

腕のむくみ

腕のむくみは、わきの下のリンパ節を取り除いたために、リンパ液の環流が悪くなる事により起こります。以前のように高度なむくみを来すことは現在は少ないですが、一度腫れるとこれを治す有効な方法がなかなかないので、これからの日常生活において手術をした側の腕は、重い荷物を持たないように、また、怪我をしないように愛護的に扱ってください。

腕や肩の運動障害

乳房の手術のあとは、腕や肩が動きにくくなります。乳房温存術は乳房切除術に比べて運動障害の程度が軽くすみますが、障害や痛みを残さず、早期より回復させるには、手術後早期より腕の運動を始めることが大切です。早期のリハビリテーションにより、ほぼ元通りの腕の運動が可能になります。

手術創部から上腕にかけての知覚障害

わきの下のリンパ節を取ると、手術創部から上腕内側にかけて知覚が鈍くなり、しびれ感や違和感が伴うことが多いです。しかし、その程度は時間と共に次第に軽くなり、その範囲も狭くなってゆきます。

手術直後の出血

まれな合併症ですが、手術後、創部より再出血し始めることがあります。ほとんどが手術当日に起こることが多いのですが、止まらない場合はもう一度再手術になることもあります。

下肢静脈血栓症・肺梗塞

手術の時は足を動かさないため、足の静脈に血栓が出来てつまることがあります。さらに手術後に動いたときに、この血栓が血流にのって飛び、肺につまり肺梗塞を来すことがあります。これらは、長時間の手術の場合に起こることがありますが、これらの予防のために手術直前に血栓予防のためのストッキングをはいてもらいます。

薬剤によるアレルギー反応

麻酔中、手術後にはいろいろな薬剤を投与しますが、ごくまれにこれらの薬剤があなたの体に合わず、アレルギー反応を起こし、ショックなど危険な状態になることもあります。

ページの先頭へ戻る

リハビリテーションについて

手術後早期より当院では、患肢の運動のため、理学療法師によるリハビリテーションを積極的に取り入れています。

ページの先頭へ戻る

抗がん剤について

手術のときに取ったわきの下のリンパ節を病理検査で調べて転移があった場合は、退院後、外来通院で抗癌剤治療を受けていただきます。病理検査の結果は、手術後1~2週間程度かかりますので、抗癌剤が必要かどうかは退院後外来で説明いたします。

ページの先頭へ戻る

入院経過について

入院は通常は、手術日の前々日にしていただきます。主治医より手術日の前日か前々日の夕方に家族の方とご一緒にもう一度説明があります。手術は2~2.5時間程度で終わりますが、終わり次第家族の方を手術室にお呼びし、手術の結果の説明をしますので待機しておいてください。手術翌日から食事も出来、自由に歩行も出来ます。通常は4~5日でわきの下の管も抜け、手術後約1週間で退院していただけます。

ページの先頭へ戻る

入院費用について

総治療費は、概算で約70~75万円ですが、3割負担の方は21~23万円、2割負担の方は14~15万円程度が必要となります。これは、総室で約10~14日間入院していただいた場合のあくまで概算です。

ページの先頭へ戻る

home
/
治療・検査
/
乳がんについて